風俗を利用する際の注意点

MENU

マットプレイの際の注意点

マットプレイは、ローションを全身につけて風俗の中で完全にお客様が受身になるサービスの形態です。

 

ローションは、とても滑る性質を持っていて、迂闊に動くと滑って転んでしまう危険性があります。

 

従って、安全上の理由でマットプレイを行うサービスの場合は、完全にお客様が受身の状態になるというルールを設定しています。

 

 

ローションをつけてマットプレイをしている時には、風俗嬢が完全にお客様を攻めるようになっていて、事前に安全面を重視して研修を行っています。

 

マットプレイは、ローションでお客様が転んで怪我をしないようにする事とさらに気持ちよくなってもらうことを目的として、風俗嬢が安全にサービスを行っています。

 

 

マットプレイのサービスを受ける際の注意点として、プレイ中は女の子を責めることはできないことを頭に入れておかなければならないです。

 

迂闊に動いて、女の子を転倒させてしまった場合に、お客様に関して損害賠償の対象になる可能性があります。

 

私がマットプレイを専門としている専門店で、待合室の中でプレイ中に損害を被ってしまった場合は、最大で百万円の損害賠償をお店側から請求するという張り紙を発見しました。

 

従って、基本的にプレイ中は大人しくしておく事が原則です。

 

 

マットでプレイを行う時に、専用の部屋の中に入る場合は基本的に食べ物を持ち込むことは厳禁です。

 

食べ物は不衛生上の理由で、部屋の中に持込を行う事に適していないからです。

 

 

部屋から出る時は、ローションが体に付着していなかどうかを必ず確認します。

 

ローションが足の裏に付着していると、お風呂の部屋から出る時に誤って転んでしまう危険性があります。

 

基本的にはサービスが終了した後に風俗嬢がお客様の体を洗浄して、しっかりとローションが落ちているかどうかを確認します。

 

 

マットプレイの後に次のプレイに入るときも同様で、次のプレイに関する安全上の理由で完全にローションが落ちているかどうかを確認します。

 

しかし、洗浄しても肌に残っている場合があります。

 

従って、きちんとローションが落ちているかどうかをお客様自身で確認する事が、怪我の防止の元になります。

 

 

接触のプレイで口の中にローションを含んでいる場合があって、基本的に飲み込んでも直接的な害はありません。

 

しかし、口の中に残ったままの状態でサービスを終わってしまうと、口の中が気持ち悪くなる場合が多いので、必ず上がる前にうがいをする事をお勧めします。