風俗を利用する際の注意点

MENU

心がけたいマナー

風俗店を利用する場合は女の子と触れ合う事が基本となるので、サービスを提供してくれる女の子に不快な思いをさせない事が楽しい遊びにつながります。

 

お客様は、お金を出して女の子から様々なサービスを受けます。

 

お金を出しているという変な誇張を持って、何でも女の子にプレイをして良いという考えを持って、強制的にプレイをしたり、女の子の嫌がる行為を無理矢理行うと退店処分となってしまう場合が多いです。

 

 

基本的に禁止となる行為を行おうとした場合は、女の子が危険を察知して拒否します。

 

部屋などの中についている緊急用のブザーでお店の人を呼んで、事情を説明して退店となる可能性もあります。

 

また、女の子に対して暴言を吐いたり、衛生に悪い食べ物などを部屋なの中に入れると退店処分になる事が多いので、もう一度禁止事項を確認して快適に遊ぶ事を心がけた方が良いです。

 

 

禁止事項には入っていないが、女の子に好ましくない状態で風俗店を利用しない方が良いです。

 

例えば、手足の爪が極端に伸びていたり、何日もお風呂に入っていないなどは禁止事項に入っていない場合が多いです。

 

 

事前にサービスを受ける前にお風呂に入ったり、シャワーを浴びるなどで清潔にする事もあります。

 

しかし、遊ぶ時にも体臭が残っている場合があります。

 

爪が伸びた状態でプレイする事は、女の子の体に直接触れたときに怪我の原因となる場合もあります。

 

 

怪我をさせた場合は怪我の度合いによって女の子の治療費を出すための賠償をしなければならない事もあります。

 

従って、風俗店を利用する前に手足の爪を切っておくことは当たり前のマナーです。

 

基本的に風俗店の待合室などに爪きりが用意してある場合が多いので、待っている時間に少しでも伸びていると感じたら手足の爪を切っておく事が望ましいです。

 

 

女の子と話す時は、無理に会話をしなくても大丈夫です。

 

当然、お客様はほとんどが気持ちよくなりたいために風俗店を利用しているので、女の子との話に夢中になって、気持ちのよいプレイを得られなかったという場合もあります。

 

 

詰まらないことを言われたから気になる事を言い返したり、良くない態度は気持ちの良いプレイが出来ないので、できれば女の子の気持ちを考えてプレイする事に徹底する事が重要です。

 

また、サービスの時に何か指示されたら、指示された通りにした方が良いです。

 

気持ちよいプレイを味わうためにも、普段から商業施設などのお店を利用する時にマナーを守っているように最低限のお店を利用するマナーだけは守りましょう。