風俗を利用する際の注意点

MENU

風俗店を利用する時のルール

風俗はサービス業の一環であって、プレイする前にお店の禁止事項さえ守っていれば、女の子はお客様に対してプレイを制限する事はありません。

 

従って、女の子とプレイする時にお店の禁止事項以外のプレイをする場合は、遠慮してかしこまる必要はありません。

 

一般のお店を利用する場合と同じようにお店のルールさえ守っていれば、お客様自身で楽しくリードしながら遊べるので、ルールを守って女の子と遊ぶ事がお客様への満足にもつながります。

 

 

禁止事項以外の要望に関して、自分の考えているプレイなどの要望を女の子に積極的に言うようにしましょう。

 

あくまでも楽しくお客様にプレイしてもらう目的がお店側にはあります。

 

お客様が楽しいプレイをしてもらって、接客する女の子のリピーターとして常連になってもらう事で、お店も繁盛する事を考えています。

 

 

ほとんどの風俗店では、お客様が快適に遊べるように事前のアンケートを記載してもらう場合が多いです。

 

アンケートを記載する目的としては、禁止事項の同意を確認するためのルールがあって、お店が定めている禁止事項に関して同意する人だけサービスを受けてもらうというルールがあるからです。

 

希望しているプレイをしたいのであれば、事前のアンケートにプレイ内容を記載しておく事で、受付の人が内容をスムーズに女の子に伝えます。

 

 

風俗店でプレイする場合は、原則的にほとんどのお店が小道具を使用することは禁じられています。

 

理由として、小道具を使ったときに女の子の体を傷つけてしまう可能性があります。

 

従って、多くのお店で部屋内への小道具の持込を禁止している場合が多いです。

 

小道具を使いたい場合は風俗店が使っている小道具を使わなければならないルールがあって、オプションとして小道具を使うことになります。

 

 

お客様が部屋の中に持ち込む道具に関して、風俗店のフロントの人は原則的に道具の検査などを行う事がないです。

 

しかし、部屋に立ち入る前に持ち込み禁止の道具を持ち込んだり、部屋の中で持ち込み禁止の道具が発覚すると没収されてしまう場合があります。

 

持ち込み禁止の道具を事前に確認して、女の子からのサービスを受ける場合に必ず部屋の中に持ち込まないようにしましょう。

 

 

その他に、同業者としてスカウトを行う行為やデートに誘いこむ行為も禁止されていて、ほとんどの風俗店で退店の処分になります。

 

また、携帯電話の番号やメールアドレスの交換も禁止されています。

 

女の子と話が合ったり、綺麗な人であっても、電話番号やメールアドレスの交換を求めたり、間違ってデートに誘い込まないようにしましょう。