風俗を利用する際の注意点

MENU

注意点と性病対策

風俗店を利用する場合は、一人当たりのサービスの単価が高い事に着目して、ある程度のお金を用意する事が原則です。

 

町の中に点在する風俗店の一回当たりの利用料金の相場は、40分の利用で平均で1万円で、財布の中には交通費やオプション代を含めて少なくとも2万円は入れておく事が無難です。

 

ほとんどの風俗店で料金はお客様が先に払うようになっていて、終了時に追加で支払う事はないが、万が一のために余裕を持ってお金を準備するようにしましょう。

 

 

最近ではほとんど利用した後の病気の可能性はありませんが、風俗店を利用した時にクラミジアなどの性病にかかる危険性を危惧している男性もいます。

 

実際に風俗店を利用した後に性病にかかっている人もいて、性病を治すために病院に通院した経験をした人もいます。

 

風俗店では、利用者に対する病気の防止のために女の子が定期的に性病などの定期検査を行っています。

 

女の子が性病を持った時にお店に勤務をした場合は、サービスを提供した時にお客様に損害を与えてしまう危険性があります。

 

原則的に性病の検査で引っかかった女の子は、お店に勤務する事に関して停止させられます。

 

従って、お店側の徹底的な管理で風俗店を利用した後に、お客様が病気になる危険性はほとんどなくなりました。

 

 

昔より性病の危険性がなくなったと言っても、サービスを利用した後に全く性病にならないとは言えないです。

 

お店側が万全の性病対策をしたとしても、全くかからないわけではないと事を頭に入れて、サービスが終了する時にしっかりと体の全身を洗浄する事が大事です。

 

特に性器の部分に関して、サービス後にばい菌などが混入して、男性の場合は膀胱の部分に細菌が入り込んで膀胱炎を起こす場合もあります。

 

お店で洗浄してもらっても油断しないで、自分で再度お風呂でしっかりと体全体を洗浄することを心がけましょう。

 

 

様々な皮膚炎や風邪などの病気にかかっている場合であっても、お店としての禁止事項には盛り込まれていない場合が多いです。

 

サービスを受ける場合に、受付の人が病気であるかどうかを診断する事がないので、風邪であった場合を隠してサービスを受けた場合、キスによって女の子に風邪がうつる可能性があります。

 

従って、原則として性病にかかっていなかったとしても、皮膚炎や風邪などの感染症による病気にかかっていた場合はトラブルの元になりかねないので、病気が完全に治るまで風俗店を利用する事は控えましょう。